ターゲット&料金

本ページでは、ターゲット、各種料金、営業期間などを記載しております。
以下の目次より好きな情報をご覧ください!

目次

営業体系

通常営業は 5月中旬~12月(12月は土日のみ) となります。現在の船はキャビンも無いので、冬は休業としております。冬季は別の仕事をしておりますが、ボートロック(基本的にチャーター)で出船可能な日程もが有りますので、お気軽に問い合わせください。

また、ラブーンでは、午前便・午後便(午後便は10月末まで)出港致します。出港時間は時期によって異なりますので予約時にご確認ください。釣行時間は5~6時間程度となります。

料金表

ターゲット 料金(チャーター)
ロックフィッシュ 6,000円(40,000円)
カレイ類 6,000円(48,000円)
ヒラメ 7,000円(42,000円)
サバ・青物 8,000円(55,000円)
鮭(アキアジ) 50,000※チャーターのみ

ラブーンの乗客定員は12名ですが釣りやすさ・安全性等を考慮し、ヒラメ(バケ)・サケ釣りは6名、その他は8名迄 としております。※チャーターの場合、1人位なら増えても大丈夫ですが、追加料金掛かりますのでご了承ください。

小学生以下のお子様は 2,000円 割引致します。

レンタル

どのターゲットにおいても、レンタル釣具もご用意しております。事前に使い方をレクチャーしますので、初心者の方もご安心ください!

料金は竿・リールのセットで1,000円で、基本的にエサや仕掛けはご持参頂きますが、事前に言って頂ければご用意可能しますので気軽にお申し付けください(料金別途)

※レンタルは、数に限りがございますので早めにお申し付けください。

初心者の方は最初レンタルで、ハマったら少しずつマイタックルを揃えて行けば良いかと思います。僕自身が釣りが好きなので、釣りに必要な物は全てレンタル可能 なので気軽に釣りに来てください。

 

ターゲット紹介!

ここからは、初心者や初めて室蘭へ来られる方向けに、室蘭で釣れる魚や推奨タックルについてご紹介しております。タックルや釣り方は、人により様々なので、参考程度にご覧ください(..)

カレイ
食べて美味しく、初心者でも手軽に数釣りと強い引きが楽しめます!

最盛期:5~6月および9~11月

推奨タックル
〇ロッド:1.8m前後、オモリ負荷20-30号程度
〇リール:小型ベイトリール、ラインはPE1.5号前後を100m程度
〇仕掛け:2-3本針の船用カレイ仕掛け
〇エサ:イソメ(ソウハチ狙いの場合は紅イカでOK)


大衆魚として良く知られるカレイですが、室蘭近辺には様々なカレイが生息しております。主に釣れるのは、マガレイ、ソウハチ、スナガレイ、イシガレイ、クロガシラ、マツカワの6種類。

マガレイ
室蘭近郊で釣れるカレイの中でも、その”強烈な引き”や”美味しさ”からファンが多いのがマガレイ釣りです。比較的個体数も多いので、コツさえ掴めば初心者でも数釣りできるのも良い点です!
マガレイの引きはとても強烈で、下に刺さりこむようなファイトをします。また平たい身体を曲げて抵抗することから、水の抵抗が掛かるため重量感のある引きが味わえます。好調に釣れているときは、手首が痛くなるくらい笑。

ベテランの方は、春先や初冬の渋い時期に出る繊細なアタリを楽しんでいます。基本的な誘い方としては、オモリで底を小突き、砂煙を起こして、近くに居るマガレイをおびき寄せます。針掛かりさせた瞬間の底から引き剥がす感じは堪りませんよ(^.^)オススメの食べ方は煮付け、小型が唐揚げ等がオススメです。

ソウハチ
初冬~春は、 ”浮きソウハチ” と呼ばれる中層に浮いたソウハチを6本~8本針のサビキ+紅イカで狙い、6月頃からは産卵で浅場に入ってくるソウハチを狙います。
群れに当たれば簡単に大漁が見込めるソウハチですが、とても美味しい魚で、干物にして焼いて食べると最高です。刺身で食べても美味ですがやや水っぽいため、やはり干物がオススメで酒の肴に抜群ですね!
マガレイのトルクある引きとは違い、俊敏に暴れるような感じで、大型になるとかなり強い引きを見せてくれます。

イシガレイ
文字通り、体表に石のような硬いウロコがあるイシガレイですが、カレイ類の中では大型になるのが特徴で、室蘭近辺では60㎝前後になる大型も上がります。引きがとても強烈で、マガレイとは違い、掛けた瞬間から鋭利的に暴れるようなイメージです。どちらかというと、引きはソウハチに近い感じ?

比較的低水温でも活発なので、春先などはマガレイよりも先に食ってきて、合わせが遅れると針を丸飲みにされます(..)
北海道では外道扱いされがちですが、本州では立派な高級魚として高値で取引されています!ラブーンでは、大型のイシガレイは船長が血抜き処理致しますので、ぜひコリコリとした美味しい刺身をお楽しみください。

スナガレイ
黄色い模様がマガレイと似ておりますが、体表や口の形が違うので慣れればすぐに分かります。
正直なところ本命ではなく、引きも弱く、のそーと上がってくる感じです。もちろん不味くはありませんが、特別美味しいわけでもありませんので、食べない方は優しく逃がしましょう笑。
比較的浅場にも生息しており、子供の頃、海水浴していると泳いでいるのを良く見掛けました(^.^)イシガレイ同様、比較的低温でも活発に食らいついてきますので、マガレイが釣れないときは癒しになります笑。

クロガシラ
なんといっても、室蘭のクロガシラの魅力は、50㎝オーバーの特大サイズが釣れる点です。最盛期の5-6月には、全道・全国から室蘭にクロガシラファンが集結し、投げ釣りで大物を狙っており、60㎝近い大物が上がることもあります!
クロガシラは室蘭港内にも生息しており、ロックの外道で思わぬ大物がヒットすることも笑。

マツカワ
“タカノハ“とも呼ばれるカレイで、カレイの王様として”王鰈“というブランド名で本州にも出荷されます。室蘭近辺では間違いなく最も高級な魚で、ヒラメや鮭よりも断然高値で取引されます。
マツカワは、フィッシュイーターで、ヒラメ狙いのオオナゴやイワシに良く掛かりますので、専門で狙うなら、イソメよりもサンマの切身などの身エサの方が良いかもしれません。
サイズもヒラメ並みに大きく成長し、オスで50㎝、メスでは80㎝程にまで成長します。えりも~函館の海域で稚魚を養殖・放流しており、35cm未満はキープ不可となりますのでご了承ください。釣れた場合は血抜き致しますので、ぜひ刺身でご賞味ください!

ロックフィッシュ
室蘭の絶景で狙うアブラコは最高!ソイ、ヒラメ、マツカワ等も釣れるかも?

最盛期:6月~7月、11月~12月

推奨タックル
〇ロッド:6~7フィート前後のロックフィッシュ専用ロッド 最初の1本は、やや硬めの方がルアーを操作しやすく、大型魚にも対応できます。
〇リール:ベイトは12~16lbのフロロを100m程度、スピニングは6~10lbのフロロまたはPEラインを100m程度
〇仕掛け:1/2~1オンス程度のシンカー、フック、ワームがあればとりあえずOK。潮早い場合は、1オンス以上使うこともあります。

ロックフィッシュは和訳すると「根魚」という意味で、岩場に生息するアブラコ、ソイ、カジカ等を総称してロックフィッシュと呼んでいます。室蘭のメインターゲットはアブラコ(アイナメ)で、室蘭では数もサイズも両方期待できます!

室蘭のロックフィッシュはファンの間ではかなり有名で、良く雑誌等のメディアにも取り上げられ、大会も盛んに行われております。
港内にも多くのテトラ帯や防波堤があり、外海に行けば断崖絶壁の磯が複数ありますので、ロックフィッシュが生息する絶好のフィールドとなっております。特に磯を狙い撃ちするボートロックは迫力満点で、磯に潜む魚特有の強烈な引きが楽しめます。メインはアブラコですが、ソイ、カジカ、ヒラメ、マツカワ等も釣れるので、飽きることなく様々な魚種を楽しめます!

観光名所にもなっている絶景で釣るロックフィッシュは最高ですが、外海が時化た場合は港内で釣りをしますのでご了承ください。また、ロックフィッシュに関しては、ゲームフィッシングとして基本的にリリースをお願いしておりますので、末永く楽しむ為にご協力お願い致します。

※リリースについてお願い

前提として、メインターゲットであるアブラコは酸欠に弱いせいか、ソイやカジカと比較して非常に弱りやすい印象です。リリースと言っても、素早く、そして優しくリリースして、元気に魚が海へ戻らなければ全く意味がありませんので、リリースについてのお願いを以下に記載します。

 

〇中型サイズ以上は、なるべくタモ入れする。
ブッコ抜いて船上に落ちたとき、船で暴れたときに弱るケースが多いです。また、フッキングポイントのみに全体重が掛かることを想像したら、タモ入れした方が魚にも優しそうですよね(^.^)タモ入れして、タモの中でフックを外し、タモで海へリリースが理想で、投げるように高い位置からリリースするのはNGです。ラブーンでは、絡まりにくく、魚にも優しいように、タモは全てラバーネットを使用しております。

 

〇フィッシュグリップ、プライヤーはしっかりしたものを!
フックを外す際には、フィッシュグリップ、プライヤーを使いますが、グリップ力が弱いと魚をしっかり掴めず、魚が床に落ちたり、暴れたりしてしまいます。また、プライヤーも使いにくいものはフックを外すのに時間が掛かります。海中から揚げた瞬間から逃がすまでが早ければ早いほど良く、時間が掛かる場合は一旦海中で回復させた方が良いです。最近は、バーブレスを使う方も増えてきましたが、とてもフックを外しやすく、しっかりファイトできればまずバレることも無いので、強制ではありませんがバーブレスを推奨しております。

 

〇飲まれた場合は、無理に取ろうとしない。
初心者に多いですが、合わせが遅れるとフックが喉奥まで飲み込まれます。無理やりフックを外そうとするとエラや喉を傷つけ、逃がしても死に至りますので、ラインをカットしてフックが付いたまま逃がしてあげましょう。口に残っていても、フックが自然排出されるケースも多いということで、傷つけるよりはマシだそうですよ(^.^)

 

アブラコ、ソイといった根魚は回遊魚ではありませんので、釣り尽くすとそこには居なくなってしまいます(..)キープして美味しく食べるのも決して反対ではありませんが、ラブーンのボートロックに関してはリリースをルールとして、アングラーの皆様にはキャッチからリリースまでの時間を極力短く頂くことに、ご協力お願い致します。こうやったら、こういう設備があったら上手くリリース出来るのでは?といつも考えておりますが、皆様も何か良い知恵があれば教えてくださいね(>_<)

 

ヒラメ
メーター超えのモンスターも!合わせの上達が釣果を伸ばす秘訣?

最盛期:6月~7月

推奨タックル
〇ロッド:バケ釣りには50号前後の船竿、柔らかめのジギングロッドが◎
〇リール:ベイトリール、ラインはPE2号前後を100m程度
〇仕掛け:バケは300g~400g前後

北海道では日本海側でのヒラメ釣りが盛んですが、室蘭近辺も好ポイントが揃っています。数では日本海より劣るものの、毎年80㎝~1m級の大物も確認されています。水深も10m前後の浅いポイントが中心なので、ダイレクトな引きを楽しめますよ!

釣り方はバケ釣り・ワーム等で狙います。
バケ釣りは300g~400g前後のバケを使うので、女性やお子様でも全然疲れません。ヒラメのバケ釣りは合わせのタイミングが難しく、釣れた時の喜びは堪りませんよ!
ヒラメは最初に獲物に致命傷を与えてから飲み込むと言われているので、エサをかじっている段階で合わせてしまうと、針掛かりしません(-_-)ヒラメ釣りは1度アタリが有ってから、魚を掛けるまでが勝負です。
食味は言うまでもなく、エンガワの刺身も最高です!バケもレンタル可能なので、ぜひ室蘭のヒラメ釣りをお楽しみください。鰈の王様、マツカワも釣れるかも?

サバ
手軽に入れ食いが楽しめ、料理法も様々!ブリ等の青物も?

最盛期:9月~10月

推奨タックル
〇ロッド:ルアー重量MAX80-150g程度のライトジギングロッド 
〇リール:ベイト・スピニングどちらでも可、ラインはPE1.5号前後を100m程度
〇仕掛け:50~100g前後のジグ。

港内でも割と手軽に釣れるサバですが、夏の終わり頃から室蘭沖でも釣れ始めます。鳥山等を追い掛けながら群れを探し、群れに当たれば簡単に中型~大型の入れ食いが楽しめます!
ライトタックルで大漁も期待できるので、初心者に最もおすすめの釣りです。30~40㎝クラスのサバの引きは強烈で、入れ食いだと腕が疲れてしまうかも笑。時々、ブリも回遊してるので、油断はできませんよ!
塩焼き、味噌煮、しめ鯖等、食べ方のバリエーションも豊富なので、たくさん釣れたらご近所にお裾分けしてあげましょう!喜ばれること間違いなしです。

※基本的にはサビキは付けずにジグ単体で釣ってください(..)何匹も掛かると走られてオマツリの原因となり、手返しも悪くなります。またサバは傷むのが早いので、サバ折りと氷の持参をオススメ致します!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
その他

基本的にラブーンでは狙っていない魚種ですが、問い合わせを頂く魚種についてご紹介します。

〇サケ(アキアジ)

サケについては、10月下旬~11月末まで、サケの跳ねを探して走り回る、通称 ”跳ね打ち” という釣りが八雲~室蘭にかけての噴火湾一帯で人気のある釣り方です。

サケの回遊次第ですが、基本的に群れを見つけるまでひたすら走り続けます。室蘭の遊漁船はイタンキ~長万部沖くらいまでガンガン走り回りますし、八雲の遊漁船も静狩や豊浦まで群れを探し走ってくれます。ですので、基本的には ”長距離走れること” が跳ね打ちをする前提となります。

ラブーンは燃料タンクも小さく遠征もできませんので、サケの跳ね打ちについては、基本的には乗合の募集はしておりません。頑張っても地球岬沖~伊達沖くらい迄しか行けませんが、それでも良いという方が居ればチャーターのみ出船致します(..)チャーターの場合は、”ドジャー” と呼ばれる集魚板を流しながら、跳ねがあればキャスティングでサケを狙いたいと思います!

〇イカ

胆振海域ではスルメイカ(マイカとも呼ばれる)釣りも盛んですが、ポイントが遠いためラブーンでは狙っておりません。近年はイカも不漁気味で、サメに仕掛けを取られることも多いようですが、独特な引きと味は最高ですね!

〇ソイ(沖根)

ココで言うソイ釣りは深場(水深50~70m)でのソイ釣りを指し、12月~4月頃まで室蘭近海、噴火湾で狙えますがラブーンでは狙っておりません。まず冬時期は出船していないことも有りますが、それに加えて、船の形状の関係で根の上に船をキープしにくいためです。ロックの延長で、浅いポイントでタイラバやジグで狙うことは有りますので都度お問合せ下さい(..)

〇サクラマス・ソウハチなど

室蘭近海では1月から春先までサクラマスやソウハチ、スケソウ等も狙えますが、ポイントも遠く、冬は出船しておりませんので、ラブーンでは対象外の魚種となっております。サクラマス釣りは面白く、美味しいソウハチ、たらこがパンパンのスケソウ等も釣りたいのですが、ラブーンでは狙えませんのでご了承下さい(*_*;

なおラブーンでは狙えませんが、個人的に最近サクラマス釣りも始めたので(笑)、サクラマス釣りの基本的なタックルについて記載します!

 

サクラマス

バケを使った体力勝負の釣り!サクラマス特有の引きも、食味も魅力的です。

最盛期:1月~3月 太平洋(室蘭~苫小牧沖)のサクラマス釣りは1月初旬から3月中旬頃までがメインとなりますが、道南の恵山方面などは5月頃まで楽しめるようです(^.^)

推奨タックル
〇ロッド:バケ釣りの場合は、120号~150号の2.1~2.7m程度の船竿 ジギングの場合は、150gくらいまでのジグを扱えるライトジギング用やスロージギング用ロッド

〇リール:バケ釣りは小型電動リール(PE3〜4号)、ジギングはカウンター付きベイトリール(PE1~1.5号)がオススメ! ※バケの場合、ラインが太いと潮に流されオマツリの原因となり、振りも重くなります。5~6号を使う方も多いですが、3号でも十分です。ジギングはスピニングも使えますが、棚やフォール中のバイトが分かりやすいカウンター付きベイトリールがオススメです!

〇仕掛け:3〜5本針の胴付き毛針仕掛け、600~700gのバケ ジグは状況に応じて100~200g前後を使うことが多いです。

 

室蘭沖~苫小牧沖にかけて、冬時期に人気な釣りがバケを使ったサクラマス釣りです!最近はジギングやシャクリで狙う方も多いですが、やはり太平洋ではバケ釣りが主流ですので、ここではバケ釣りについて書いていきます。ひたすらバケを振り続ける結構ハードな釣りですが、サクラマスは魚体も美しく、味も良く、引きも強いのでとても人気のある釣りですね(^.^)

室蘭、登別、白老、苫小牧西、勇払から様々な遊漁船が出ておりますが、大体は白老沖を中心に登別~樽前沖辺りの100m前後のポイントにて、パラシュートアンカーを入れて船を流します。各船が情報交換しながら、その日のマスの濃い海域を探していくようですが、基本的には船を流しながらの回遊待ちの釣りとなります。

群れに当たればダブル・トリプルで釣れることも!しっかりバケ尻まで魚が居ないか確認しましょう(^.^)

 

タックルについて、まずロッドの硬さは120~150号を使用しますが、どちらかというと150号の方がオススメです。柔らかいロッドだとバレにくいというメリットが有りますが、潮が早い日などはロッドがバケの振りを吸収してしまい、仕掛けが振り幅が小さくなることによってアピール力が不足したり、ソウハチやスケソウ等の外道がヒットしやすくなるそうです(*_*;

ロッドの長さは2.1mくらいの短めのロッドの方が振りやすいですが、上記と同じ理由で2.4~2.7mの方がより毛針をアピールしやすいと思います!

リールは電動リールが必須ですが、小型~中型で問題なく、僕はPEライン3号を巻いております。上記にも記載した通り、6号くらいを巻いている方も多いですが、3~4号で十分です。まず切れることは有りませんし、振りが軽くなって、周りとのオマツリも減ることによって、個人も全体の釣果も伸びるはずです(^.^)また、サクラマス釣りではタナ取りも重要なので、リールのカウンターはチェックしましょう。

仕掛けは、3〜5本(1.5m間隔)の胴付き毛針仕掛け+600~700gのバケ+バケ尻にハリスを1本付けます。5本針が基本ですが、10m弱の長い仕掛けですので、慣れない人は3~4本針でも良いかも知れません。短い方が取り込みが楽ですし、投入時に絡むことも少なくなります!ラインの太さは、僕は幹糸はフロロ12号、ハリスはフロロ8号を使用しています。太さは好みによって多少の差は有りますが、針先が甘かったり、ヨレヨレのハリス等では釣果が落ちますので、事前にしっかりチェックしましょう。

僕はいつも4本+バケ尻の5本で釣っています。自作の仕掛け置きも付けていますが、これがあると移動時などは重宝します。

 

毛針の色は、太平洋は黒、日本海は緑が定番と言われていますが、どんな色でも釣れますので、個人的には各々の好みだと思います笑。市販仕掛けは黒毛針がメインなので、まずは市販の仕掛けを使えば問題ないと思いますが、僕は色々試したいので自作した黒、ピンク、緑、紫などを組み合わせています。その日のベイト等によって当たりの色がはっきり分かれていれば、全部の針をその色に変えることもあります。何色のタコベイトが良い、白熊の毛が良い、金のマイラーチューブが良い、夜光のフラッシャーが良い、オキアミのような小さめのシルエットが良い、ワームを付けた方が良い、、、、etc、釣り人の数だけ持論が有ると思いますが、サクラマスは貪欲な食性で、現在の主なベイトでなくても過去に捕食経験のあるベイトは捕食する!という説もあるそうです(^^;)とにかく絶対的な正解は有りませんので、固定概念にとらわれずに色々と試してみるのも面白いと思います!

P2067030

替えハリスも多めに持参して、当たりカラーに替えたり、ハリスがよれた場合に替えます。仕掛けごと替える必要は無いので、替えハリスは持参した方が便利ですね!

 

誘い方は、基本的に上げる時はゆっくり上げて、下げるときはラインスラッグを作るようにストンと落として、バケを泳がせます。上げた時よりも下げた時にアタリが出ることが多く、その場合は糸フケしますので瞬時に糸フケをとってフッキングします。電動リールのレバーで糸フケを取った方が合わせやすいかも知れません(^.^)また、キビキビとした短めの振りでも結構釣れたことも有りますので、釣れない時はちょっと振り方を変えるのも面白いかも笑。

またヒットした場合は、ロッドを手に持ってサクラマスの引きに合わせて、巻き上げスピードを調整しながら上げてくるとバレにくいです。口が柔らかい魚ですので、ロッドホルダーに置いて高速で巻き上げるとバレが増えます(..)

誘い方も大事ですがサクラマス釣りにおいては、タナ取りも重要です。スケソウやサバ、ソウハチ等も同じ海域に居り、船長がサクラマスを狙うタナを指示してくれますので、まずはそのタナを狙います。タナが絞り切れない場合は、誰かがヒットしたタナを皆で共有して効率良く狙いますので、自分がヒットした場合も周りにタナを教えましょう!一般的には、早い時間は浅いタナ、時間が経ってくると深いタナになると言われますが、日によっても変わります。移動の時などに、仕掛けを高速で回収していると、海面まで追ってきたサクラマスを何度も見たことが有りますので、表層から底までどの層にも居る可能性は有ります(^.^)

外道が少ない場合は、それぞれ好きなタナを狙って探るのも良いですが、外道のタナに頻繁に下ろしていると外道のタナが広がってきてしまい、サクラマスが釣りにくくなるケースもありますのでご注意ください(*_*;また、外道が付いたままバケを振ると、ハリスがヨレやすいので面倒でも一旦回収して再投入しましょう。

 

人それぞれやり方が違いますので、ご参考までにご覧ください(..)とにかく諦めずにバケを振り続けることが大事ですので、定量目指して頑張りましょう!

2キロ以上は良型、3キロ以上は自慢できるサイズです(^.^)