自己紹介

遊漁船ラブーンの船長の 鈴木 健太郎 と申します(..)

このページでは私の簡単なプロフィール・船の紹介をさせて頂きます!

 

私は、生まれは東京の町田市でしたが、すぐに北海道に引っ越して、その後高校卒業まで室蘭で育ちました。大学からは札幌で一人暮らしで、大学、就職後の計7年間札幌に住んでおりました。

サラリーマン時代も水産・漁業関係の仕事でしたが、やはり ” 釣り” が好きという気持ちが強く、3年間勤めた後、2018年3月に退職し “遊漁船” の道へ進みました!4月から数カ月だけ八雲の遊漁船で船長をして、2018年10月より室蘭で独立致しました。

 

釣り好きな父親の影響を受け、小さい頃から “釣り” が好きで、幼い頃はサビキ、投げ釣り、カレイの船釣り等がメインでしたが、徐々にマスやブリ等にターゲットが変わり、どちらかというと“1匹の価値 ” を求める釣りがメインになりました。今でも、カレイ、ワカサギ、イカ等も好きなので、結局釣りはジャンル問わず好きですが笑。

18歳で “船” と “車” の免許を取得したことで、行動範囲が広がり、道内各地や道外にも釣りに行くようになりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
P1030657
17502
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
P1040914
P1050239
P1090109

未熟者ですが、お客様の気持ちになって「こういう船ならまた来たいな!」と思って頂けるよう努力していきます。常識に囚われず、新しい魚種・釣り方などにもチャレンジしたいなと思っております。

最後に船の紹介です。

船は36フィートの船外機船(200馬力)です。

元々は積丹で営業していた遊漁船を買ったので、乗ったことある方もいるのでは?他の遊漁船と比べると小さめですが、小回りが利くのと、釣りをしやすい船だと思ったので購入しました。

ミヨシには3人程が立てるスペースがあるので、ロックフィッシュなどでは重宝します。旅客定員は12名ですが、釣りのしやすさを考慮して定員は基本的に8名としております。小さめですが一応トイレもございますので、女性もご安心ください。

キャビンが無いため、寒さや波しぶきは凌げませんし、大型船と比べると出船回数は少なくなることが予想されますので、ご了承ください。

キャスティングデッキも平らで広めなので、3人は余裕です。
ゆったりキャストして大物狙いましょう!

先端には開閉可能なレールを付けて、乗降しやすいようにしました。

トイレも常に清潔を心掛けております。窮屈ですので、緊急用としてお考え下さい(^^;)

釣りをしやすい船にしていきたいので、ご要望あれば気軽にお申し付けください。末永く遊漁船ラブーンを宜しくお願い致します。


船長  鈴木 健太郎